2012年06月25日

オルガンジャムセッション盛況のうちに終了です

すみません、このブログで告知し忘れましたが、偶数月第4日曜日定例のオルガンジャムセッション@OrganJazz俱楽部無事終了しました。As×1、Fl×1、G×2、Org×1、Ds×2、ボーカル×1、聴く人×3となかなかの盛況、やはりドラムがある程度多いといいですね。腕利き揃いで楽しかったです。参加された皆様、聴きに来ていただいた皆様どうもありがとうございました。

x2_d1a4117

次回は8/26(日)の予定です。

2012年06月13日

ケースにまつわるエトセトラ

まあどーでもいい話なんですが参考になる方もいるかもしれないので、

σ(^_^)はテナー用ケースとしてずっとプロテックのセミハードケース(前のモデル)使ってました。軽量なわりにしっかりして良いケースです。だけどキャノンボールのテナーはすごく重いので肩がしんどくなってきました。ということで、純正のショルダーベルト(リュックのように背負えるベルト)を買ってみました。

ところが家でベルト付けてみようとするとどう付けて良いのかわかりません。写真を撮って楽器屋さんにメールして「どう付けるんですか?」と質問したら、何とケースが不良品で、ベルト取付具が全然間違った位置に付いていることが判明!付くわけないです。

protec

楽器屋さんが輸入代理店と交渉してケースの方を新品と替えてもらえることになりました。ラッキー。楽器屋さんもこういう不良品は初めて見たそうです。

で、ここからが大事な情報ですが、プロテックのセミハードケースは新モデルは通常サイズとベルが大きめの楽器用のXLモデルがあります。σ(^_^)のキャノンボールはビッグベルモデルなので試してみたんですが、通常サイズのモデルでも、ネック部分の譜面台のネジをはずせばぴったりはまります(これは今まで使っていた旧モデルのケースでも同様)。一方、XLモデルの方は、PAD SAVERをはめた状態だとなぜか楽器の縦方向がきつくてはまりません(純正のプラグ付けてる場合だとぴったりなのかもしれません)。σ(^_^)の場合、キャノンボールだけじゃなくて、別に持ってるセルマー等も入れることもあると思うので、XLモデルはやめて普通のにしました。通販でケース買ったりする方は気をつけてくださいね。

また、C.C.シャイニーのようなパック型ハードケースにはキャノンボールのビッグベルモデルは入らないと思います。自分は付属品入れる場所が小さいのでパック型ハードケースはどっちにしろあまり好きではないですが。

プロテックのショルダーベルトはすごく楽でキャノンボールの重さも苦になりません。車で行きにくいジャムセッション場にもいろいろ足を伸ばしてみようと思いました。

posted by kurikiyo at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズサックス

2012年06月03日

ジョシュアレッドマンのライブに行ってきました

ジョン・アバークロンビー、クリス・ポッターに引き続き、ジョシュアレッドマン率いるジェームズファームのライブを聴きにブルーノートに行ってきました。

2012年06月03日15時48分16秒0001

開場ちょっと前に行ったらまたしてもかぶりつき席をゲット(まあ、普通の人はあんまりこういう席座りたがらないですよね)。

398785_10150857234055098_319105355_n

ジョシュアのテナーはセルマーSBA(スーパーバランスアクション)にビンテージのラバーオットーリンクにフランソワルイのリガチャーという普段のセッティング。ソプラノ(セルマーのマーク6をカーブドネックに加工?)もステージにありましたが、自分が行ったセットでは吹きませんでした。アンブシュアは超ファットリップでくわえる深さは普通、特に変わったところはない王道スタイルです(指がすごく長かったけどサックスの場合はあんまり関係ないですな)。

演奏内容はうまいの一言。フラジオ域まで完全にコントロールしています。また、ドラムのエリックハーランドがすごかった。かなりの変態ビート叩いてもテンポ感がまたっく失われません。

さて、すごいテクニックではあるのですが、クリスポッターと比べるとどうも音圧が低い。音量とかそういう話ではなく、音の詰まり具合が違うというか...

サックスの「音圧」については、また改めて考察してみたいのですが、CDでの印象と生音が違うこともよくあります。たとえば、ジェリーバーガンジーなどはCDで聴くとちょっとモコモコした音色の印象がありますが、生で聴くとものすごい音圧です。ジョシュアレッドマンはCDでも生でもちょっとモコモコという感じ。

あと、フレーズ的にもクリスポッターの方が冒険していて限界に挑戦している感じでスリリングです。ジョシュアレッドマンはそつなく吹いているなあという印象。まあ、スタイルの違いと言えばそれまでですが。

7月には、グラントスチュアートやシーマスブレークが来日するようです。見に行けるようお小遣いを貯めておくことにします(笑)。

posted by kurikiyo at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズサックス