2006年11月17日

エスプレッソポッドをまとめ買いしました

おしゃれなオフィスにつきものと言えば、やはりエスプレッソ・マッスィーンでしょう(^_^;) ということで、私も独立してすぐに自分のオフィス用に買いました。ブリエルのファースト・クラスという安物です。安物のエスプレッソ・マッスィーンは、スチーム式と言って単に粉にお湯を通すだけのものが多いですが、これではエスプレッソ本来のうまみはでません。エスプレッソの本来の味わいを出すためには、ポンプ式というやつで圧力をかけて蒸気を通さないとダメみたいです。ブリエルのファースト・クラスは安いのにポンプ式という貴重な製品ですしたが、信頼性に難ありだったのか(なんせポルトガル製なので(^_^;))、もう日本では手に入らなくなってしまいました

最初のころは、エスプレッソ用の粉を買って使ってました。ただ、使用後の器具を洗うのが面倒なのと粉が飛び散って掃除がめんどくさいこと、および、粉を器具にセットするときの押し方の加減が難しい(粉の固め方によって味が変わります)ので、結局、エスプレッソ・ポッドを使うようになりました。ポッドとはティーバッグみたいな感じで一人分のエスプレッソ粉が紙フィルターに入っているものです。味が安定しますし、掃除も楽です。実際、今売ってるエスプレッソ・マッスィーンのほとんどがポッド用になっています。
espresso2.JPG

さて、このエスプレッソ・ポッドですが、あまり売っている店がありません。下北沢の某コーヒー屋のショップブランドのやつをずっと飲んでて、まあこんなもんかなーと思ってましたが。試しに、別の店でイタリアのIllyのポッドを見つけて使ってみたところ、全然味が違う。ということで、いろんなポッドを試してみようと思い立ちました。

ネット通販でいろいろ探しましたが、多くの種類がちょっとずつ入ったセットで安いのがあったのでまとめ買いしてみました。
espresso1.JPG
実際、届いてみると結構な数です。175杯分あります。全部飲むのに半年くらいかかるなー(^_^;) 手前にあるビンはダヴィンチというメーカーのキャラメルシロップです。スターバックスに置いてあるようなやつです。これも中々売ってるところがないので、ついでに買いました。イタリア製かと思ったらアメリカ製でした。ものすごくフレーバーがきついです。ちょっとこぼしてしまったら、オフィス中がスターバックスのような匂いになりました。

というわけで、毎日、粉を変えて、たまにキャラメル・フレーバー入れてエスプレッソ飲みまくりの日々が続きます。まあ、ささやかな贅沢ですな。今のところは、やっぱりIllyのやつが一番好みに合ってる気がします。煎りが深いので、エスプレッソ飲んでるなーという苦みを味わえます。やっぱりIlly(イリー)だけに煎りが深い(苦笑)。

posted by kurikiyo at 17:18| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
突然おじゃまします!すごい量のエスプレッソですね(笑)なかなか見られない光景にびっくりして、ちょこっと書き込ませていただきました★わたしも最近めんどくさがってポッドに乗り換えたのですが、便利だしフレッシュだし愛飲してます。さいきんみつけたポッドで、あまり有名じゃないみたいなのですが、カロマっていうエスプレッソが、香りがよくってツボです☆もしかしたら買われたアソートにはいっているかもしれませんが。。。私も買いだめしたくなちゃいました。パッケージみてるだけできれいですしね☆
Posted by にこら at 2008年12月17日 11:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1742020
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

エスプレッソ と バール
Excerpt: エスプレッソの講座があったので参加してみた。コチラ↓の著者である横山千尋氏の実演で一時間半ほど楽しませていただいた。バリスタ・ブック―トップバリスタのすべて横山氏も解説していたが、私もイタリア人の..
Weblog: ナポリ仕立て ナポリのアルテジャーノとサルトリアからの贈り物
Tracked: 2007-06-04 21:28