2009年05月13日

買っちゃったCannonballのテナー

ここしばらく、テナーサックスはアメセルのマーク6とトップトーン(オランダ製の超レアな楽器)の2本体制でやってきてました。しかし、もう少し現代的な響きの楽器も欲しいような気がしていました。当然ながらマーク6はリアルなビンテージですし、トップトーンも昔のコーンのような渋い音なので。いろいろな店で試奏している中、Cannonballのジェラルドアルブライトシグネチャモデル(GT5-SB)の新品同様の格安中古が出たので発作的に買ってしまいました。

Cannonballはアメリカのメーカーですが管体は台湾製です。爆音で鳴りまくるので有名な楽器です。ジェラルドアルブライト氏はスムーズジャズ系のサックス奏者。正直知らんかったですがYouTubeの動画で確認するとナイスなサウンドです(この動画で吹いているのがまさにこの楽器)。

cannon1.JPG
ベルがブラックニッケル、本体がシルバーメッキというインパクトのあるルックス。本当に新品同様です。誰かが買ってすぐ手放したのでしょうか?ひょっとすると倒産した店から流れてきたとかそういうものかもしれません。セルマーと比べると非常に重いです(重量がという意味)。しかし、吹奏感はそれほど重くもなく、ほどよい抵抗感でスムーズに息が入ります。

cannon2.JPG cannon3.JPG
キャノンボールのサックスの特徴ですが随所に大理石みたいな石があしらわれております。すごいデザインセンスですね。ネックのところについている石は音にも影響を与えるそうです(特許出願中らしいです)が、絶対ウソだと思います(笑)。ネックは標準で2本付いていて、写真のはファットネックと呼ばれるオクターブホールが下に付いているタイプ、こちらの方が通常のネックよりも息が入りやすくなり音が太くなります(これは本当)。

cannon4.JPG
ジェラルドアルブライト氏をモチーフにした彫刻がベルについてます。スムーズジャズに興味がない私としてはあまりうれしくないですが(笑)。

cannon5.JPG
純正ケースはワニ皮風、どこまでもゴテゴテ、ゴージャスを追究している感じです。

ということで、ルックス的にはちょっとσ(^^)のセンスには合わないのですが、サウンドは最高です。上から下までブライトに鳴りまくります。音程の正確さは驚異的。ちょっと音が派手すぎるので、トラディショナルなジャズバンドで使うと怒られるかもしれませんが、ジャムセッションでハッタリを利かすには最適でしょう(爆)。時間ができたら録音をアップします。

今回、他に試奏したサックスについても感想を書いておきます。

YAMAHA YTS-82Z (アンラッカー F#キーなし)
作りはさすがにしっかりしてます。音程、フラジオのあたり共にすばらしい。しかし、やはり優等生的というか、YAMAHAくさいというか、味という点ではイマイチに感じました。(あくまでも個人的好み)。ビックバンド等で使うには最高でしょう。

カドソン T-900BN(ブラックニッケル)(F#キーなし)
カドソンもキャノンボールと同じく台湾製のアメリカメーカー。キャノンボール同様に最近使う人が増えてます。佐藤達哉氏が使っているので有名(試奏したのは佐藤達哉選定品)。音が締まっており、非常に吹きやすい。かなり迷いましたが、カドソンは他に吹いてる人が多いですし、私が持ってるトップトーンとちょっと音の傾向も似ていたのでやめました。そういう事情がない人にはお勧めです。

Cannonball T-5(ノーラッカー)
これはすばらしい楽器。ノーラッカーなので反応が抜群です。ただし、余韻が小さくなるので、エコーなしでカラオケをしているような感じで良くも悪くも自分の実力があからさまになります。かなり迷いましたが、こちらは新品しかなかったため、予算の都合で却下。

Cannonball 音川英二シグネチャモデルSound River
音川英二氏はずっとジェラルドアルブライトモデルを使っていましたが、数年前にキャノンボール社が音川氏と共同でジェラルドアルブライトモデルを改良して純銀ネックを採用したスペシャルモデルを制作し、それを限定50本で販売したものがこの楽器です。かなりレアーです。これも良い楽器でしたが、ちょっと自分には抵抗が強すぎ微妙に抜けない感じがしたのでやめました(ひょっとして調整が完全にできた状態であればもっと鳴ったのかもしれません)。

Selmer Reference 54
これはずっと前にTopToneを買ったときに試奏したのですがついでに書いておきます。セルマー自身によるマーク6のコピーモデル。さすがにジャズそのものという感じの音がしました。もちろん、音程やキーアクション等は新しい楽器ならではのもの。私は既にマーク6持っているので買いませんでしたが、最近また高騰の傾向があるアメセルマーク6のビンテージを探している人は十分検討に値するでしょう。最近は30万円台の中古が出ているようですがお買い得感高いと思います。

ちょっと金欠になってしまったので、もう吹く機会がないと思われるヤナギサワのバリトンでも放出しようかなと検討中。

posted by kurikiyo at 15:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
クリさんとこのコテコテ楽器デザインの
ミスマッチは、かえって新鮮かもね?
Posted by どらむすこ at 2009年05月14日 11:32
ヤマハは臭くて、セルマーは良いということでよろしいですか?
Posted by 通りすがり。 at 2016年10月02日 22:45
ヤマハ臭、セルマーマンセー

久しぶりです( ◠‿◠ )
Posted by ブラックボール at 2016年11月05日 18:10
年の瀬にもまたセルマー信仰乙。

YAMAHAは臭くてダメってことですよね?!

Posted by 髪薄 at 2016年12月31日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29109381
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック