2006年01月28日

接点復活剤DeoxIT

ハモンドのレストアする時の必需品、米国製の接点復活剤DexiITをゲット。ヤフオクで1980円(送料700円)。安いのか高いのわかりません。要は、クレ556みたいなもんですが「音を変えない」らしいです。ホントかにゃー?オーディオマニアの人とかには有名な製品のようですね。ガリが出るところにはこれをスプレーして問題解決です。
RIMG0379.JPG

ところで、ハモンド、何箇所か直したいところがあるとこの前書きましたが、まだ書いてなかった最大の問題はスターターモーターでした。ハモンドはモーターで回転する歯車の歯を電磁ピックアップで拾って音を出しているのですが、このモーターを一定速度で回転させるために別のモーターで起動する必要があります。自動車の始動の時のセルモーターと同じです。Eddieから買ったハモンドたまにいくらスターターを回しても始動しないときがあります。自動車で言うと、セルモーターは回るのにエンジンがかからない状況です(ハモンドではバッテリー上がりの心配はないですが)。電気系の故障であれば自分で何とかなりますが、メカ系の故障はそう簡単にはいかないですし、スペアパーツがないものもあるので大変そうです(最悪、モーターをはずしてアメリカに送ってリビルドしてもらうなんてことになりかねません)。

で、今日この問題を解決しようと思って裏ブタを空けて始動したら問題が再現しません。まあ、これで直ったなら良いですが、また変なタイミングで再発しそうです。直そうとすると再現しないって、古い外車みたいな挙動です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/301799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック