2009年07月01日

【衝撃】サックスのラッカーやメッキ加工は音に影響を与えない説

最近買ったCannonballのサックスかなりいい感じで鳴るようになってきました。ベルがブラックニッケルメッキ、本体がシルバーメッキという「ニコイチ」のルックスもインパクトあります。

この楽器を買うまでにいろいろ試奏してみましたが、特にラッカーなしのモデルが気になっていました(具体的にはYAMAHAのYTS-82ZULというモデルとCannonballのT-5です)。一般にノーラッカーの楽器は反応が速くなる分、音の余韻がなくなるので上級者向けと言われています。

しかし、米国のSax on the Webというサイトの掲示板(もちろん内容は英語)によれば、ラッカーのあるなしで音が変わるというのは「気のせい」だという意見が多数派です。同様に、メッキの種類もあんまり関係ないと。もちろん、管体の形状や材質は音に影響を与えますが、メッキやラッカーはせいぜい数ミクロンの厚さなので音に影響を与えるほどの重量ではないという見解のようです。セルマーのゴールドプレートの楽器なんて死ぬほど高いんですけど、音的にはあんまり意味がないということでしょうかね。まあ、確かにσ(^^)が昔ビンテージのセルマーを大量に試奏した時も、ゴールドプレートだからどうだとか、ノーラッカーだからどうだというよりは楽器そのものの差が大きかったと思います。

ラッカー仕上げのサックスでもブラックラッカーのモデルもあります。ブラックラッカーの方が塗りが厚いので音が太いなんて説もありますが、YAMAHAのサイトではサックスの設計者の方自身が「ラッカーの違いでは音は変わりません」と身も蓋もない発言をされています。まあ要は絵面だけということでしょう(それも大事ですけどね)。

同様に、Sax on the Webではマウスピースやリガチャーのメッキの違いでも音は変わらない説が多いようです。同じマウスピースでもゴールドプレートとシルバープレートでは結構値段が違うことが多いので、無理してゴールドプレートを買うのはバカバカしいということになりますね(もちろん、マウスピースには個体差がありますので、たまたまゴールドのマウスピースが良く鳴るということはあるでしょう。)

これ以外にも、ネックを止める部分のネジを銀製に変えると音が変わるとか、ネックの接続部分に変な金属粉が入ったオイルみたいなものを塗ると音が変わるという説もありますが、これは完全に気のせいでしょう。ひどい話しでは、フルートを吹く時に胸ポケットに銀の板を入れていくと良い音がするというのもありますが、ここまで来ると宗教です。

さらに、マウスピースの材質、つまり、メタルかラバーかも音に影響は与えない説があります。同じ形状のマウスピースでメタルとラバーの音を音響測定機器で比較したところ差がなかったとのお話し。マウスピース内部の形状が音に影響を与えるのは当然ですが、材質はあんまり関係ないそうです。うーん、これはどうなんでしょうか?まあ、確かに同じ形状のマウスピースのメタルとラバーで比較したことはないからなー。ただ、強度的にメタルでしか実現できないマウスピースの形状がある(たとえば、ガーデラのように左右のレールが極端に薄くハイバッフルで中が急に広くなっている形状)と思うので、どっちにしろメタルでしか実現できない音というのはあると思います。

posted by kurikiyo at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズサックス
この記事へのコメント
はじめてのコメント、失礼いたします。
貴ブログ、いつも参考にさせていただいてます。
楽器の表面仕上げや、マウスピースの材質の違いにより音色に相違はあるのか?
客観的事実はいずれにせよ、吹く本人の気分はかなり変わりますよね(笑)。
これからも更新を楽しみにしております。

Posted by souljazzsax at 2009年07月03日 06:14
吹奏楽などのアンサンブルやマイクレスでホールに響かせるタイプの音楽だと真鍮と銀などの素材の違い以外はほとんど出ないと思いますね…
ですがオンマイクのソロなどはメッキの違いがマウスピース単位でも結構浮き彫りになると思うのですがどうなのでしょうか
Posted by 初心者 at 2016年08月05日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30229312
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック