2007年04月06日

【速報】C1 Combo Organレビュー

日本初(たぶん)のC1 Combo Organレビューです。

61鍵で鍵盤の横に何もないので非常にコンパクトです。通常の大型シンセがちょっと分厚くなったくらいの感じです。15kgなので片手で持てないこともないですが、持つところがないので持ちにくいです。一般にNordのキーボードは軽量化ゆえに、ちょっと堅牢性に欠けるので運搬時には注意が必要と思われます。オプションとして専用ソフトケースがあるようですが、まだ入荷してません。どういうものかわからないですが、もしNord Electroのように背中に背負えるようなタイプだとすると電車での運搬も比較的容易かもしれません。
c1-1.JPG

2段鍵盤の間隔はちょうど本物くらいなので上鍵盤から下鍵盤へのスライドもやりやすいです。鍵盤はオルガン式の発音位置が浅いタイプ。Nord Electroのシンセ鍵盤とは雲泥の差です。なんとなくですがVK-8より発音位置が深いような気もします。とは言え、ゴーストノート(いわゆる「飲んだ音」)、グリッサンド、鍵盤ひっかき等の技は非常にやりやすいです。
c1-2.JPG

プログラムは128種類保存可能でLED表示で選択できますが、それ以外にLive1、Live2というボタンがありダイレクトにプログラムを呼び出せるようになっています。Live1、Live2の設定はSTOREボタンを押さなくても自動的に保存され、ボタンを押すと最後の状態が自動的に呼び出されます。
プログラムはエフェクターも含めてすべての状態を保存するものですが、それとは別に、ドローバーとパーカッションの設定を上下鍵盤それぞれに3セットずつ記憶できます(本物ハモンドでいう白黒反転鍵盤のような感じ)。これは便利。VK-8ですとドローバーの設定を切り替えるためにプログラムを切り替えるとリバーブ等の設定まで変わってしまいますが、C1 Comboではそういうことはありません。なお、ドローバーの切り替えは、Live1、Live2と同様にSTOREボタンを押さなくても自動的にセーブされます。

ドローバーはNord Electroと同じLEDによる仮想ドローバー、慣れれば結構使いやすいですし、設定を呼び出したときに表示と設定が完全に一致するのでわかりやすいです(物理的なドローバーだとこうはいきません)。上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤ごとにドローバーのセットがあります。ビブラート/コーラスは上下独立(ナイス!)なぜ、他のデジタルオルガンは上下独立ではないのかと問い詰めたいです。
音的にはNord Electroよりもクリアーでジャズコンボでも使いやすいと思われます。レスリーのシミュレーションもまあ良い感じで、ドローバー全部出しのゴージャスサウンドも本物にはとうていかないませんが、そこそこ使えます。ところで、パーカッションをオンにしても1フィートのドローバーが消えない仕様です。ちょっととまどうので、切り替え可能にしてほしいところ。
音源はハモンド以外にトランジスター・オルガン(FarfisaとVOX)をサポート。60年代ぽいチープな音です。まあジャズの現場で使うことはないでしょうが、弾いてると昔のエレクトーンみたいでちょっと楽しいです(気分は道志郎です)。ピアノ等の音源はありません。
ペダルは通常のハモンドサウンドと、サステイン付きのシンセベースがあります。シンセベースにすると左足ベース奏法もやりやすいですね。ペダル音を下鍵盤の真ん中のCより低い方に割り当てることができます(このスプリットポイントは変更不可)。
c1-3.JPG

エフェクターは3バンドのEQ、ディレイ(ジャズで使うことはないであろう)、オーバードライブ、リバーブがあります。オーバードライブはあまり真空管ぽくなくてちょっとキビシイものが。今度、外部に真空管プリをつないで試してみます。ところで、ハモンド特有のキー・クリック音はもちろん再現されてるのですが音量が調節できません。クリック音を大きくしたいときはEQのトレブルを上げろとマニュアルに書いてあります orz
レスリーの回転数、立ち上がり、トーンホイールのリーク量、パーカッションのデケイ等が設定可能です。3段階くらいしか設定できず、微調整は出来ません。
c1-4.JPG

音については、録音できる環境がセットアップできたらまたアップします。

この記事へのコメント
初めまして、takaといいます。

「VK-8 パーカッション 1フィート」で検索をしていて、ここにたどり着きました。
VK-8を使用して、10年以上経ちますが、お恥ずかしい話しですが、今までパーカッションがオンのときに1フィートの音を気にしたことが無かったのですが、昨日VK-8を触っていて、1フィートの音が出ないことに初めて気が付きました。

オルガンの仕様としては、パーカッションをオンにした場合には1フィートのドローバーが消えるのが通常なのでしょうか?

時間の空いたときで構いませんので、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願い致します。
Posted by taka at 2014年05月22日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3679303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック