2011年01月04日

ジャズスタンダード曲にコメントしていくよ(Bの巻)

前回の続きです。

BAG'S GROOVE
知っておきたい度: 5+
初心者の人がまず覚えるべきテーマのひとつ。2管の時はテーマでハモりましょう(2人とも下に行かないように)。

BEATRICE
知っておきたい度: 3
Sam Riversの名曲。もっとジャムでやってほしいですね。メリハリのあるアドリブを取るのは結構難しい。ドラマーが曲を知らないでテーマのリズムの仕掛けを合わせてくれないと悲しいです。

BEAUTIFUL LOVE
知っておきたい度: 4
別名「学生時代」(笑)。アドリブは簡単ですけどメリハリを付けるのは結構難しいかも。しかし、この曲の最大の難しさはソロを取っているうちにコーラスの前半をやってるのか後半をやってるのかわからなくなってしまいがちなことでしょう(笑)。バッキングの人はソロの人が迷ってるなと思った時はメロディをさりげなく弾くなどの方法で教えてあげましょう。

BESSIE'S BLUES
知っておきたい度: 4
コルトレーンによるシンプルなテーマの3コードブルースです。アドリブもアトランティック時代のコルトレーンのようにちょっとモーダルな感じにすると合うかも。

BILLIE'S BOUNCE
知っておきたい度: 5
絶対知っておきべきブルースですが、テーマをちゃんと吹くのは結構難しい(特にテナーの場合)

BLACK NILE
知っておきたい度: 3
テナーとトランペットの2管でやるとめちゃくちゃかっこいいウェインショーターの曲。これもジャムでもっとやってほしい。ピアノが曲を知らないとちょっとツライかも。

BLACK ORPHEUS
知っておきたい度: 5
ジャムのチェンジオブペースに最適。普通ボサですけど、4ビートでやってもいいですね。キーは普通Amだと思うのですが、何故か『ハンドブック』ではGmになってますね。どっちにしろ、エニーキーで弾けるように練習しておくべき曲とは思いますが。

BLUE BOSSA
知っておきたい度: 5
これも知っておきたい。Dbに転調するので初心者には良い練習曲では。オリジナル(Joe HendersonのアルバムPage Oneに収録)では、ピアノソロバッキングに有名なカウンターメロディが入るのですが、これは『バイブル』には書いてあるのでしょうかね?

BLUE IN GREEN
知っておきたい度: 2
Kind of Blue収録の名曲ですがこれは結構難しい。メンバー全員がどういう曲かを把握してないと厳しい気がします。あまりジャムでコールされることはないのでは?

BLUE MONK
知っておきたい度: 5
シンプルなテーマのBbブルース。これは知っておきたい。

BLUESETTE
知っておきたい度: 3
流れるようなメロディーのワルツ曲。『木陰にて』という邦題が付いているのを初めて知りました。アドリブは取りやすいのですがうまくソロを終わらせるのが難しい。なお、ハモンドオルガンの世界では大定番曲のひとつです。

BODY AND SOUL
知っておきたい度: 3
バラードの定番曲。テナーの独壇場ですね。結構難しい。

BOLIVIA
知っておきたい度: 2
Cedar Waltonの名曲。仕掛けが多いのでドラマーを含む全員が曲を知ってないと難しいかも。

BUT NOT FOR ME
知っておきたい度: 5
これは知っておきたい。逆循環の練習曲として最適。しょっぱなのコードがII7のケースとIIm7のケースがあると思うのですが『バイブル』だとどうなってるんですかね。ところで、コルトレーンのMy Favorite Thigsに入ってるこの曲のコルトレーンチェンジ化バージョンがめちゃくちゃカッコイイのでいつかやりたいと思っています。

BYE BYE BLACKBIRD
知っておきたい度: 5+
これは絶対知っておきたい。初心者も熟練者もそれなりに楽しめる便利な曲。『ハンドブック』の進行は結構肝心な要素(17小節目からの半音下降)が抜けていたりでひどかったですが『バイブル』はちゃんとなってると思います。

『バイブル』に載ってなくてBで始まる曲で、知っておいて良いのではと私が思う曲には以下があります。

BLUE MOON
知っておきたい度: 3
どっちかというとボーカル曲でしょうかね?シンプルな曲なので覚えておいてよいかと思います。

BLUE SKIES
知っておきたい度: 2
これもボーカル曲かな?同じくシンプルな曲なので覚えておいてよいかと思います。

BLUES FOR ALICE
知っておきたい度: 2
チャーリーパーカーによる変形ブルース。演奏していて楽しい曲です。個人的には『バイブル』に収録して欲しかったかも。

BLUE ROOM
知っておきたい度: 1
ジャムではそんなにやんないですかね。

上記以外でBで始まる曲としては"Between the Devil and the Deep Blue Sea(絶体絶命)"、"Bewitched (,Bothered and Bewildered)"、"Born To Be Blue"などがありますが、どっちかというとボーカルの人が譜面用意してやる曲という感じで、インストでジャムという感じではないと思います。

あーそれからジャムセッションとは直接関係ないんですけどBewitchedには同名異曲があります。『奥様は魔女』のテーマソング、これなかなか小粋なスイング曲でナイスですしコード進行もSatin Dollみたいでそんな難しくないので譜面入手できた人は人数分用意して、やったりするのも楽しいんじゃないかと思います。

posted by kurikiyo at 11:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ジャズ
この記事へのコメント
はじめまして
おもしろい企画ですね。とても参考になり、楽しく読ませていただいております。
栗原さんとは、オルガンジャズ倶楽部で一度あわせて頂いたへたぴ(下手ピアノ)です。西川さんがホストの時でしたけれど・・・
ところで、曲目列記の目的は違うのですが、自分のブログに、ネットにさらしても文句のこないPDの曲の一覧を揚げていたところで、以外と知らない曲も多いモンだと感じました。(曲目は、IrealBook基準ですが)
どうぞご笑覧下さい。また他にもPDの曲がありましたらお教え下さい。
http://jazzmusic.cocolog-nifty.com/
Posted by genn at 2011年01月04日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42367035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック