2006年04月09日

下北沢くりはらで最高の蕎麦を食べました

今日は天気も良かったので、かねてから行きたい行きたいと思っていた下北沢の蕎麦屋「くりはら」(親戚関係じゃないですよ)に行きました。陶芸家のご主人が半ば趣味で始めたお店です。素材から製法まで凝りに凝っているようです。金・土・日しか開いておらず(金土は夜のみ、日曜は昼のみ)それ以外にも丸ごと休みの週があるお店なので、なかなか行くチャンスがなかったわけです。

kurihara.jpg
場所は下北沢西口(井の頭線)を出て右へ8分ほど行った鎌倉通り沿いです。お店の中は撮りませんでしたが、無垢板の床とテーブルがあってセンスの良いペンションのような感じです(なぜか、壁にギターがつるしてあるし)。

kurisake.jpg
お通しの揚げ蕎麦せんべいが既にうまいです。

kuritsumami.jpg
おつまみに頼んだ蕎麦さしみ(蕎麦を平たく切って氷で締めたもの、舌触りが絶品)と粒蕎麦みそ和え。うまい。うますぎる。

kurigaki1.jpg
つまみと酒があまりにおいしいので、蕎麦に行く前にもう一品頼むことにしました。メニューに「蕎麦がきは時間がかかります」と書いてあったのですが、今日は空いてたのですぐできるということで頼みました。「普通のと揚げ蕎麦がきがある」ということなので、食べたことがない揚げ蕎麦がきを頼みました。外がパリパリ、中がもちもち。うまい。うますぎる。写真の奥に見える瓶は、唐辛子を焼酎に漬け込んだ自家製調味料。これをちょっとつけてもおいしいです。

kurigaki2.jpg
揚げ蕎麦がきがあまりにおいしかったので、結局、普通の蕎麦がきも頼みました(^_^;) 明らかに食い過ぎモード突入です。

kurisoba.jpg
最後に盛り蕎麦を食べました。いわゆる十割蕎麦です。おいしいよー(>o<)。妻はおいしさのあまり泣いていました(^_^;)。蕎麦は当然おいしいとして、つゆがカツオブシの香りたっぷりでとてもおいしいです。この店は薬味がないのですが、その意味がわかります。そば湯で割ってもこれまたおいしい。

これで二人で6000円です。この手のこだわりの店にありがちな蘊蓄語り過ぎとか尊大な感じがなくて、とても感じの良いお店でした。たぶん、禁煙だと思います(というか、この蕎麦を食べてタバコを吸う人がいたら神経を疑います)。今まで行った蕎麦屋の中で最強かもしれません。

posted by kurikiyo at 16:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/546875
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

超スーパー隠れ家
Excerpt: 下北沢近くの住宅街のなかに、超スーパー隠れ家ソバ屋があるw。 ↓オフィシャルブログ http://blog.livedoor.jp/sobakuri/ 下北までは徒歩で行...
Weblog: ココロレンサ 〜作曲家、長瀬弘樹公式ブログ
Tracked: 2009-11-22 18:20