2012年06月13日

ケースにまつわるエトセトラ

まあどーでもいい話なんですが参考になる方もいるかもしれないので、

σ(^_^)はテナー用ケースとしてずっとプロテックのセミハードケース(前のモデル)使ってました。軽量なわりにしっかりして良いケースです。だけどキャノンボールのテナーはすごく重いので肩がしんどくなってきました。ということで、純正のショルダーベルト(リュックのように背負えるベルト)を買ってみました。

ところが家でベルト付けてみようとするとどう付けて良いのかわかりません。写真を撮って楽器屋さんにメールして「どう付けるんですか?」と質問したら、何とケースが不良品で、ベルト取付具が全然間違った位置に付いていることが判明!付くわけないです。

protec

楽器屋さんが輸入代理店と交渉してケースの方を新品と替えてもらえることになりました。ラッキー。楽器屋さんもこういう不良品は初めて見たそうです。

で、ここからが大事な情報ですが、プロテックのセミハードケースは新モデルは通常サイズとベルが大きめの楽器用のXLモデルがあります。σ(^_^)のキャノンボールはビッグベルモデルなので試してみたんですが、通常サイズのモデルでも、ネック部分の譜面台のネジをはずせばぴったりはまります(これは今まで使っていた旧モデルのケースでも同様)。一方、XLモデルの方は、PAD SAVERをはめた状態だとなぜか楽器の縦方向がきつくてはまりません(純正のプラグ付けてる場合だとぴったりなのかもしれません)。σ(^_^)の場合、キャノンボールだけじゃなくて、別に持ってるセルマー等も入れることもあると思うので、XLモデルはやめて普通のにしました。通販でケース買ったりする方は気をつけてくださいね。

また、C.C.シャイニーのようなパック型ハードケースにはキャノンボールのビッグベルモデルは入らないと思います。自分は付属品入れる場所が小さいのでパック型ハードケースはどっちにしろあまり好きではないですが。

プロテックのショルダーベルトはすごく楽でキャノンボールの重さも苦になりません。車で行きにくいジャムセッション場にもいろいろ足を伸ばしてみようと思いました。

posted by kurikiyo at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャズサックス
この記事へのコメント
いつも有用な情報ありがとうございます。私はKeilwerthのテナーを使っているのですが、通常のパックケースに入らないのでこのプロテックのXLを使っています。でも普通の分にも入るのですね!しかも私のも同様でエンドプラグをつけると縦方向が少し厳しいです。Backpack strapも使っていますがとても便利ですね。出張ついでに東京にセッションに行くときも楽器を持って行くのをためらわずに行けます(持って行けないときは楽器を貸してくれるところにしか行けないので)。XLでも通常版でもアメリカのアマゾンで買うとかなり安くて値段はほとんど変わらないですね。
Posted by 市川肇 at 2012年06月14日 07:52
キャノンボールのビッグベル(ジェラルドアルブライトシグネチャー)が入ったというだけで、Keilwerthが入るかどうかはわかりませんです。キャノンボールはビッグベルとは言ってもそんなに巨大ベルではないのかもしれません。今度セッションでKeilwerth持ってきた人がいたら比べてみます。
Posted by kurikiyo at 2012年06月14日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56452344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック