2012年08月11日

テオウォンマウスピースのその後(サックス奏者専用記事)

だいぶ前に買ったテオウォン(Theo Wanne、正確な発音はシオ・ワニーに近い)のマウスピース(Kali 9#)ですが、もう他にスイッチできないくらい気に入っています。太さと鋭さを兼ね備えた素晴らしいマウスピースだと思います(お値段だけのことはあります)。

しかし、テオウォンにも問題点があります。それは、独特の一体型リガチャー。いかにもしっかりリードが留まりそうで良さそうですが実は結構ずれます(左右に)。また、リガチャーの位置を変えるのに六角レンチが必要というのも問題です。当日のコンディションやリードの堅さによってリガチャーの位置を容易に調整できません。米国のサックス掲示板SaxOnTheWebでも「テオウォン最高だけど、リガチャーは最悪」という声が聞かれています。

そういう事情でσ(^_^)は、ここしばらく純正リガチャーをはずしてオレガチャーを使っておりました。オレガチャーも割とリードずれやすいんですけど、テオ純正リガチャーより全然ましです。また、ネジの締め具合で抵抗感が大きく変わるのでリードの堅さに合わせた微調整も容易です。

オレガチャーの問題点としては、まずネジ山が弱いのですぐダメになってしまうという点があります(そのため、ネジだけ別売りしてたりします(結構高い))。もうひとつの(より重大な)問題は、使用と共に段々緩くなってきたことです。テオウォンはメタルマウスピースとしては規格外の太さなので合うリガチャーがほとんどありません。オレガチャーもいろいろ試して、アルトのラバー用が一番近いことがわかったのですが、ちょっとゆるめでした。加えて、オレガチャーは使用と共に結構伸びるのでいずれゆるゆるになるだろうと買った時にお店の人に言われていましたが、まさにその通りになってしまいました。プラスチックシートを間に挟んだりして調整していたのですが、どんどん伸びてきて、もう調整不可能な領域にまで来てしまいました。

ということで、オレガチャーに代わるリガチャーをずっと探していたのですが、前述のSaxOnTheWebで「ロブナーのプラチナムが合うらしい」との情報を得て、楽器屋で試してみたところ結構いい感じだったので購入しました。ロブナーというと皮製でどっちかというと響きを押さえるタイプなので全然検討対象にしていなかったのですが、プラチナムは金属製なのでそのような問題がありません(なお、別にリガチャーにプラチナが配合されているわけではなく、単なるシリーズの名前です)。

と言いつつ、オレガチャーほどではないのですが、ロブナープラチナムも使ってる内にちょっと伸びるので、やっぱりちょっと緩くなってきました。しょうがないのでゴルフ用の鉛の重りを挟んで使っています。ちょっとエヅラ的に難ありですが、鉛を挟むことでかえって反応が良くなるような気もします。

theo-rovner.jpg

なお、ロブナープラチナムは逆締めでも順締めでもどっちでも使えるのですが、自分は順締めで使ってます。こちらの方がリードの反応がよくなる気がします。一般に、リガチャーによる音色への影響はほとんどないようですが、レスポンスには大いに影響があるというのがSaxOnTheWebのコンセンサスです。

ところで、リードなんですが、以前にもうずっとレジェールで行くというようなことを書きましたが、結局、ファイブラセルに戻しました。どうしてかというとレジェールは結構経時変化があって、吹き続けているとどんどん柔らかくなっていくからです。ちょっと固めのリードを買ってなじませていく、いわゆるブレークインと呼ばれるプロセスをしてもいいのですが、それだと何のために人造リード使ってるのかわかんないですね。

もうひとつの理由はファイブラセルはアメリカのメーカーの直販サイトで買うと16ドルとお安く買えることです。送料入れても21ドルです(まとめ買いするともっと安くなります)。レジェールは何とかアメリカ(または、原産国のカナダ)から直接買えないかといろいろ聞いてみたのですが、正規代理店経由でしか買えないみたいで高いです。

ファイブラセルの堅さは2.5(LaVozだとM相当)、テオウォンのオープニングは9番なのでちょっと苦しいですけど、練習をサボらなければ何とかなるレベルです。

ということで、テオウォン Kali #9+ロブナープラチナム+ファイブラセル2.5を究極のセッティングとして使っていこうと思います(だけど、これが究極とか思ってもしばらくすると変えたくなっちゃうんですよね〜)。

posted by kurikiyo at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズサックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57549792
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック