2013年08月07日

カドソンのアルトサックスを買ってしまいました

アルトサックスは大昔に買ったアメセルのマーク6 (当時はまだアメセルが高騰してなかったのでそんなに高くなかったのですが今だと結構な価値があるとと思います)を持ってはいるのですが、常に吹き込んでいるならまだしも、テナーの持ち替えでたまに吹くのには抵抗感がありすぎて厳しいのと、スーパービンテージをジャムセッションの混雑した店に持ち込むのもちょっと気になってました。ということで、以前から気軽に吹ける安くて(予算15万円)、吹奏感の軽いアルトサックスを探していました。

この予算で良い楽器を買おうと思うと、台湾系楽器の中古が必然的な選択肢になります。出物があると試奏しにいったりしてましたが、イマイチふんぎりがつかない状態が続いておりました。

しかし、先日友人のコンサートでフュージョンバンドでアルト(サンボーンの曲など)を吹かなければならないことになり、それが背中を押すことになって、ついにカドソンのA-902BSS(ブラッシュトサテンシルバー)というモデルの中古を買ってしまいました。佐藤達哉氏選定品です。

IMG_0344

銀メッキのサテン仕上げにラッカーがかかっているというユニークな外観です。前から使っているESM Jazz Heavenというアクリル製の透明マウスピースと組み合わせると何かプラモデルのような高級なんだか安物なんだかわかならい雰囲気です。

サウンド的には、反応が良く、それなりに深みのある音もするカドソンらしい作りです。フラジオのあたりもばっちりで、サンボーン風のファズのかかったF#やGも出しやすいです。フュージョンやR&Bのバックやるならセルマーよりも向いていると思います。

保証書を見ると最初のオーナーは4年くらい前に買ったようなのですが、ほとんど使用感がありません(オクターブキーのメッキがはがれてないことからそれがわかります)。また、ネック止め用のネジをBuzzという白金削り出しネジに変えたり(このネジだけで1万円くらいします)してかなり気合いが入っているように思えるのですがどうして全然吹かなかったのかわかりません(プロの人のサブ楽器だったのかもしれません)。

この楽器を買うという決断に至るまでにいくつか安いアルトを試奏してきたのでちょっと感想を書きます。

カドソン A-900BN: ブラックニッケルメッキ仕上げでが管体がニッケルシルバーの楽器です。ルックスは最高です。ただ、やっぽり自分にはニッケルシルバーは音が硬すぎる気がします。艶っぽさに欠けるという感じでしょうか。

キャノンボール GA5SB: ジェラルド・アルブライト・シグネチャー・モデルです。ベルがブラックニッケル仕上げで管体はシルバーメッキ仕上げというユニークな絵面です。ただし、管体は通常のゴールドブラス(真鍮)です。自分はテナーはこの楽器をメインにしてます。テナーだと野太い音がする本当に良い楽器で大変気に入っています。ただ、アルトでは太さよりも華やかさを優先したい気がしましたし、そもそも、キャノンボールは予算オーバー(20万円強)なので断念しました。あと、キャノンボールは時代によってかなり音色や吹奏感が違うらしいです(確かに同じモデルでも個体によってかなり感じが違う気がしました。)

マルカート: 下倉楽器監修の台湾製楽器でめちゃ安くて新品でも10万円前後で買えます。値段の割には大変良い楽器です。初心者の人が買うのであれば絶対お勧めです。ただ、正直、やはりセルマー、カドソン、キャノンボールを吹いてしまうと「値段の割には」良いというレベルであるのは確かです。なお、マルカートにもニッケルシルバーモデルがありますが、これもA-900BNと同様に音が硬すぎてちょっと好みではありませんでした。また、銅の配合量が多いブロンズブラスのモデルも吹きましたが、これはちょっとおとなしすぎて自分向きではないと思いました。ただ、マルカートのブロンズブラスでブリブリ吹いてるプロの人もいるので、奏者によるとも言えます。

IO AS--106: IOはジュピターの上位ブランドです。実は、これを試奏しに行ったときに、まだ展示前のカドソンもあるよということで試奏して、カドソンの方を買いました。ただ、IOも抜群に抜けが良かったので正直ちょっと迷いましたね。試奏の段階で抜けが良すぎると、だんだん吹き込んでいくうちに鳴り過ぎ(いわゆる「そば鳴り」)の傾向が出てくることも多いので、まあ、迷いに迷ってカドソンに決めたわけです。

カドソンのケースはバックパックにもなるし、自立もするセミハードケースなのがナイスです。テナーの場合はちょっとでかすぎるかもしれませんが、アルトの場合はジャストサイズです。

結論は予算15万円でサックス買うなら台湾製中古しかない(特にカドソン)ということであります。

posted by kurikiyo at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズサックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71996508
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック