2013年10月15日

ちっこいサックスのすすめ

ソプラニーノサックスを買ってから毎日のように吹いていますが、なかなかおもしろいだけではなくて、アルトやテナーの練習用としても効果的なんじゃないかと思います。

サックスは高音になればなるほど息のスピードが必要になるのと、音程を取りにくい点でしんどくなります(かつ、マウスピースを噛まないようにするのも大変です)。一方、低音になればなるほど息の量が必要になってきてしんどくなります。これは、同じサックスの高音域と低音域についても言える話ですし、高音サックスと低音サックスの違いにおいても言えることです。

すなわち、ソプラニーノなどの高音サックスで(噛まないで)しっかり音が出せるように練習することは、アルトやテナーの高音域をちゃんと吹ける息のスピードを出せる良い練習にもなるということです。同様に、バリトンを吹くことで息のサポートをしっかりさせる練習にもできます。

さて、ソプラニーノというと最高音(最小)のサックスと一般には思われていますが、それより高音のソプラニッシモ、あるいは、ソプリロと呼ばれるサックスがあります。ソプラノの1オクターブ上とういうことになります。あまりにちっちゃいのでオクターブホールがマウスピースについている構造になっているそうです。

現在はドイツのBenedikt Eppelsheimtというメーカーのみが製造しているようです。価格は30万円強くらい。さすがに中国製のパチモンはないと思いますので自分で買う気はありません。

とにかくめちゃくちゃちっちゃいのでかなりの技術がないと演奏は困難そうです(ソプラニーノでも上のAより上の音を出すのはかなり厳しいです)。

専門のサイト(英文)もあったりして、演奏動画が載ってます。以下のはなんとコントラバスサックスとのデュオ。これ聴くと相当タイトなアンブシュアができないと音が出ないような感じです。

posted by kurikiyo at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズサックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78256132
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック