2013年12月27日

ハモンドSK1のスタンドについて

最近は、買ったばかりのハモンドSK1を背負っていろんなジャムセッションに行って弾かせてもらって、楽しい思いをしています。お店のベーアンに繋がせせてもらうわけですが、キーボード専用アンプではないので、低音が出すぎたり等でEQを弾きながら微調整するケースが多いです。その点では、XK-1cではなくSK1にしておいてよかったと思います。前にも書いたようにXK-1cは専用のEQツマミがなく、エディット画面に入らないとEQ調整できないからであります。

さて、問題はSK1のスタンドです。普通はお店の客用のテーブルを借りて置いたりしています。が、先日行った某店のジャムでは満席で置く場所がありませんでした。しょうがないのでグランドピアノの譜面台をたたんで置かせてもらいましたが、立ち弾きになってしまうので、エクスプレッションペダルが使いにくくて参りました。

やはり、持ち運び用のマイスタンドがあると良いと思いましたが、軽いとはいうものの7KgあるSK1と一緒に持ち歩くことになるためあまり重いスタンドは避けたいです。

サウンドハウスのサイトでみるとCLASSIC PRO KST10XというX型スタンドが3.2Kgで結構軽めです。とは言え、SK1と一緒に運ぶのはちょっとはばかられる重さです。まあ、1800円なのでダメ元で勝ってもいいかもしれませんが。

ちょっと高く(10,800円)なりますが、K&M 18880というやつだと2.1Kgでもっと軽くなります。X型と違って足元にペダル鍵盤も置けます(どっちにしろ手で運ぶ時はペダル鍵盤は使わないので関係ないですが)。ただ、専用のキャリーバッグが売ってないのが気になります。

K&M ( ケーアンドエム )  / 18880

他に安くて軽いのはないかと探してますがあまりなさそうです。昔のコンボオルガンみたいにオルガン本体にネジが切ってあって足だけ刺せるようになってるとよさそうですが、そうなると今度は本体の補強が必要になって本体が重くなって本末転倒になる可能性もありそうです。

ビニパイプのようなものを組み合わせてがっちりしたスタンドもつくれそうな気がしますが、折りたたんで手で運ぶようにするのは難しそうです。

なかなか悩ましいですね。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83186719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック