2015年01月21日

やっと見つけた最強の足下暖房

自分の仕事場はいわゆるデザイナーマンション系のコンクリート打放しのおしゃれな建物なんですが、冬はめちゃくちゃ寒いです。備え付けのエアコンでは全然足りません。特に机の下の足がめちゃくちゃ冷えます。補助暖房器具をいろいろと試行錯誤してようやくベストに近い組み合わせが見つかったのでご紹介します。

まず、足下暖房としてすぐ思いつくのはホットカーペットです。もちろん持ってますが、床がコンクリートなので熱が床側に逃げてしまうのかイマイチ暖かくありませんでした。そもそも、ホットカーペットってそんなに熱くなるものではなく、ほんのり暖める用ですよね。通常よりワット数の大きい強力タイプみたいのがないかと思っていたのですが、どのメーカーもワット数はほとんど同じです。低温やけどのリスクを考えてということなんででしょう。

それからよくあるパネルヒーター型、これはホットカーペット以上に寒いです。

扇風機形状のハロゲンヒーターは試したことないですが、机の下にハロゲンヒーターを置くのは安全面でちょっとはばかられますね。同様の理由で電気ストーブも却下です。

カーボンヒーター型の電気ファンヒーターは暖かいことは暖かいのですが、常時、熱風が足にあたっていると逆に辛いです。音がうるさいのもちょっと気になります。

電気膝掛けは比較的安くてそこそこナイスです。自分は下の製品を買って愛用しています。ただ、これでも足先の冷えはどうしようもありません。

足先の冷え用に、電気スリッパみたいな形状の商品がありますが、昔持ってて、足が動かしにくて非常にウザかった記憶があるので、今回は検討対象にしませんでした。

ということで、足先用に今回買ってみたのがこのフットヒーターという商品です。

こたつのヒーターのようなものの上に足を直接乗っけます(風は出ません)。十分暖かいですし、足を自由に動かせるので楽です(ちょっと熱いなって時に一瞬足を離しておけます(もちろん、温度調整はついてますが))。前述の電気膝掛けと組み合わせるとかなりナイスで、エアコンなしでいける感じです。

posted by kurikiyo at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月01日

オルガンライブ(5/25)無事終了です

5月25日に小岩のBACK IN TIMEで、この場所では2回目となるオルガンライブ(&ジャムセッション)をやりました。

自分は、この日仕事入ってた直後だったのでちょっとしんどかったですが、まあそこそこの演奏ができたんじゃないかと思います。ご来場のみなさまどうもありがとうございました。

Photo: ライブ無事終了です 今回は昼に大学で教えてた直後だったらからちょっと精神的に疲れてて個人的なミスが多かったどうもすんません 次回ここでやるのはたぶん7月頃

終わった後みんなで近所のビックラーメンという店にラーメンを食べに行きました。すごくおいしかったです。夜11時以降のラーメンは危険だけどたまにはいいかな。

Photo: ライブ無事終了 終わったあとでみんなで盛り上がって 11時過ぎてるのにメンバー全員(女子含む)でラーメン食べに行きました 学生かー

次回は7月くらいにできればよいなと思っています。

posted by kurikiyo at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月10日

Zoom Q4を買ってみた

自分のライブや練習の録画用にビデオカメラ付デジタルレコーダーのZoom Q4を買ってみました。ずっとQ3HDを使ってたのですが、Q4のフリップ液晶が便利そうだったので。(この理由により液晶が固定のSONY HDR-MV1は候補からはずれました(画質はこっちの方が良いらしいですが))。

P1000696

Q4 vs Q3HDで比べると以下のような感じです(まだ画質、音質が比較できるほど使ってません)。

Q4の方が良いところ

  • 液晶フリップで地鶏自撮りが容易(ほとんどこのために買ったようなもの)
  • Q3HDより重心が低くゴリラ三脚上で安定する
  • Q3HDより広角
  • 画質はQ3HDより良さげ(音質はまだ判断できません)
  • ミニUSBで給電・充電可能
  • GoPRO的な使い方も可能(自分にはあんまり関係ないけど)

Q3HDの方が良いところ

  • SDカード抜かなくても筐体内蔵型のUSBケーブルでPC接続可能(Q4は三脚に付けた状態でSDカードが抜けないので不便)
  • 単三電池が使用可能(Q4は専用充電池です)
  • ワンショット型のオートレベルが利用可能(でかい音が入るとレベルを下げて後はそのレベルを維持、録音の最初にでかい音を出すとレベル調整できるので便利)

特にワンショット型オートレベルがQ4にないのがちょっと残念な感じです。ファームのアップデートで追加されると良いのですが。

ライブ映像は2箇所以上で撮っておいて後で編集ソフトでマルチカメラ切り替えるとちょっといい感じになるのでQ3HDもこのままキープしておこうと思います。

なお、Q4は長時間録画の際に途中で録画がストップする現象があるようです。720p/30で撮れば問題ないようなのですがちょっと注意が必要かと思います(そういう意味でもQ3HDによる爆アップは不可欠かと思います)。

posted by kurikiyo at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年03月04日

3/16 小岩BACK IN TIMEでライブです

最近個人的に大変気合を入れているオルガントリオのライブを3月16日(日)19時から小岩のBACK IN TIMEというお店でやります。チャージ1500円。後半はジャムセッションにする予定ですので、東京東側在住のミュージシャンの方は楽器を持って是非お越し下さい。

メンバーはこの前と同じCK Kimさん(G)と三科律子ちゃん(Dr)です。Nord C1とレスリー2101Mk2を持ち込みます。

flyer2

この後はたぶん4月頭に下北沢でやる予定。月一くらいのペースでやっていければと思っています。

posted by kurikiyo at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月18日

日曜にやったジャムバンドのオルガン手元動画

日曜にやったジャムバンドのライブ、ビデオカメラ(Zoom Q3HD)とデジカメで2カ所から撮ってたんですが、手元を狙ったデジカメの方が操作ミスで撮れてないと思ってあきらめてたら実は撮れてました。うれしー。

オルガン演奏動画は手元撮らないと地味なので記念に残せて良かったです。自分の中ではニールエバンス(Soulive)のように弾いているつもり。

posted by kurikiyo at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月17日

ジャムバンドみたいのをやってみた

日曜日に沼袋のOrganJazz倶楽部を借り切って大学の音楽サークル同期とイベントやリました。神戸在住のドラマーが大雪で来られなくなって急遽トラを頼むという非常事態。まあ、どっちにしろリハ1回もやらないでぶっつけ本番だったんですけどね。

Souliveなどのジャムバンドぽい曲を中心にやりました。リハやってないだけあって細かな間違いは多かったですが、ジャムバンドぽいラフないいグルーブが出せたと思います。この手のファンクものをオルガンベースでやるのはあんまり得意じゃなかったんですが「4ビートの時よりうまい」なんて言われてしまったので、これからはこういうのもちょっとやってこうかなあなんて思ったりしました。

なお、曲の頭と終わりが切れてるのはそこで間違えているからです。

posted by kurikiyo at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月14日

オルガントリオでギグをやりました

代々木のARTICAというお店でオルガントリオのギグをやりました。

ギターはイントロのジャムセッションで知り合ったCJ Kimさんというニューヨーク育ちの韓国人、ニューヨークではいろんな人とセッションしてきたようです。いかにも百戦錬磨の攻めのフレーズが魅力的。

ドラムは、高橋知己(ts)さんや板垣光弘(p)さんなどのトッププロとやってる三科律子ちゃんです。わりと前から知っててその頃からうまかったけど、久しぶりに合ったらさらに大幅レベルアップしてました。

ほとんどリハやらずにいきなり本番だったのでいろいろ手違いがありましたが大変楽しい演奏が出来ました。まあ、こういう強力なメンバーの方といつまでやってもらえるかわからないですが、できればあと何回がギグをやってみたいものです。

演奏はこんな感じ。ちょっとオルガンの音量が小さかったかも(ステージが狭くてレスリーを椅子代わりに使ってるので出音のバランスがよくわからんのです)。

posted by kurikiyo at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月01日

大学同期のリユニオンライブでオルガンを弾きました

大学時代の音楽サークルの同期のメンバーによるリサイタルがあったんですが、Nord C1持ち込んでオルガントリオ+パーカッションで演奏しました。観客100人くらいの前で演奏するのは初めてだったので結構緊張しました。

ライブハウスはキャパ150名の大きさなんですけど、Leslie 2101単体で、マイクを付けてPAからも出すとことで十分な音量が出ていたと思います。低音をベーアンにつなぐというのもやってみたかったのですがステージレイアウトの都合上断念しました。なお、ステージのスペースが狭いのでLeslieを椅子代わりに使いました。

Zoom Q3HDで撮った動画を公開しちゃいます。固定カメラなんで地味な絵です(笑)。オルガン演奏動画で手元撮らないと意味ないですよね。ビデオは手元が映るように撮って(それだけだとドラムの音しか入らないので)音は客席でオーディオレコーダーで録って後で合成すればよかったなと思いました。

 

posted by kurikiyo at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月24日

ジャムセッション無事終了です

12/22のジャムセッション、連休初日にもかかわらず、Org×1 G×4 Fl×1 Tp×1 リスナー×1 とまずまずの集客で盛り上がりました 参加された皆様どうもありがとうございました。

次回は2/24です。

posted by kurikiyo at 12:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月16日

今度の土曜日(12/22)はオルガンジャムセッション(ジャズ)です

12月は特別に第4日曜ではなく、土曜日開催になります。例年、12月のジャムはどうせクリスマスの週末だからあまり集まらないんだろうなと思いつつ、実は結構盛り上がったりします。ふるってご参加ください。

12/22(日)(18時から22時頃まで) OrganJazz倶楽部(西武新宿線沼袋駅徒歩すぐ)にて 
チャージ1500円+ドリンクオーダー 
ホスト: 
栗原 潔(Ts&Org) 
加藤 哲子(Ds)

そういえば書き忘れてましたが、11月のジャムは、Org×2, G×3, Drum×2、TS×1,Tp×1、 歌×1(たぶん)の皆様にお集まりいただいて盛り上がりました。

305644_10151156608710098_81532800_n

posted by kurikiyo at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月27日

ジャムセッション無事終了です

8/26のジャムセッション@沼袋OrganJazz俱楽部、無事終了です。DS×2, Org×3, Fl×1, Vcl×1とまずまずの集客。ボーカルの人は前回も来てたけどなぜか出てくれなかった人、今回も「ジャズは初心者なので〜」とか躊躇してましたが、実際歌うとめちゃくちゃうまいのでみんなびっくりでした。声がいいし、楽しそうに歌うアマチュアボーカルの鏡のような人です。

IMG_0604.JPG

普段は偶数月の第4日曜なんですが、都合により、次回のみ11/25(日)になります。

posted by kurikiyo at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年08月20日

今度の日曜日(8/26)はオルガンジャムセッションです

恒例のジャムセッションのお知らせです。

8/26(日)(18時から22時頃まで) 沼袋OrganJazz倶楽部(http://www.organjazzclub.org/)にて
チージ1500円+ミニマムワンドリンク
ホスト:
栗原 潔(Ts&Org)
加藤 哲子(Ds)

本物のB-3を弾きまくれますよ〜。
オルガン以外の楽器の方、ボーカルの方も是非お越し下さい。

posted by kurikiyo at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月29日

ジョン・アバークロンビーのライブ行ってきました(目当てはゲーリーベルサーチ)

クリスポッターを見に行った前日はピットインにジョン・アバークロンビーを見に行ってきました。とは言え、お目当てはオルガンのゲーリーベルサーチです(ところで、Gary Versaceは洋服ブランド名に引っ張られたのか日本での標準表記は「ベルサーチ」ですけど、アバークロンビーは「バサーシ」と呼んでましたね)。

ゲーリー・ベルサーチは何枚かCD持ってますがピアノ兼業のオルガニストです。ブルース色、ジミースミス色をほとんど感じさせない、サムヤヘル等と似たような方向性のスタイルです。

(この写真はピットインの公式サイトから)

ライブの前日に急に思い立ってチケットを買ったので整理番号が結構後ろの方でしたが、なぜかオルガン真ん前の一番前の席が空いていたのをゲットできました。オルガンの手元は客席からは見えないセッティングなんですが、足下が見られるのでラッキーです。

576814_10150848379545098_1426609470_n

やはりエクスプレッションペダルを大胆に使うサムヤヘルのようなスタイル。ペダル鍵盤は基本的に常に左手ベースと合わせてますがテンポが速くなると音程は気にせずタップだけするという標準的スタイルです。ただし、ヤヘルのように靴を脱ぐことはなく普通の靴で弾いてました。右手のフレーズは割とメカニカルなフレーズをクールに弾くスタイル、CDだといまいち煮え切らない印象なんですが生はかなりホットでCDより全然よかったです。

ライブ全体としてはなんか70%のくらいの力でこなしたみたいな印象でした(下にあるYouTubeの動画みたいな演奏(これはオルガンはベルサーチではないけれど)を期待したのですが)が、あまり生で聴ける機会がないと思われるベルサーチのプレイを至近距離で見られただけでも貴重な体験でした。

posted by kurikiyo at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クリスポッターのライブ行ってきました

最近はジャムセッションばかり行っていて全然他人のライブを見てない(特に外タレ)のでちょっとまずいかなと思っていました。いうことで、ちょっと時間が出来たこともあり、コットンクラブ(丸の内の方)にクリスポッターを見に行ってきました(前の日にはピットインにジョンアバークロンビーのオルガントリオを見に行ってきたのですが、こちらについては後日書きます)。

2012年05月29日15時08分52秒0001

開場30分前に行ったら何と一番乗りでした。ポッターのかぶりつき席をゲット。ご本人まで1メートルもないです。

581086_10150850510025098_1432875481_n

バンドはUndergraound名義です。Undergroundと言えばベースレスでピアノ(ローズ)が左手でベースラインを弾くのが特徴ですが、今回はベーシスト(Fima Epronという人)が入ってました。オクターバーのようなエフェクトも使いつつ重低音中心でドローンのように鳴らし続けるスタイル、いかにもハウスミュージック以降という感じでちょっとおもしろかったです。演奏内容の一部がコットンクラブの公式サイトにアップされています(いきなり音が出るので注意)。

至近距離で聴けたのでいろいろ勉強になりました。

まず、楽器ですが、たぶんここのところずっと使っているシルバープレート(銀メッキ)のセルマーSBA(スーバーバランスアクション)というビンテージ、マウスピースはオットーリンクのビンテージ(リガチャーもオリジナル)でした。さすがに番手はわからないですが、Webの他の情報だと、8*か9番にリコージャズセレクトの3Mあたりを使っているようです。ちょいきつめですがプロとしては標準的なセッティングですね。と言いつつYoutubeにセルマーのC*で吹いてるらしい映像がありますが、基本的に音は一緒なのでマウスピースが何だからどうだというわけではないですね(当然)。

さて、オフマイクの生音も含めて、ポッターの音を思う存分聴けたわけですが、音の密度の濃さには圧倒されました。特に、中域の音の厚さは圧倒的。ブレッカーが「鋭くて速い」ならポッターは「重くて速い」というイメージですね。

アンブシュアー的にはいわゆるNo Embouchureのリラックスしたアンブシュアで超ファットリップ、音域によって顎の位置はほとんど変わりません。マウスピースくわえる深さは普通(バイトプレートの真ん中あたり)。一部の曲でバスクラも吹きましたけどバスクラの時もアンブシュアはほぼ同じです。クラはややシンリップで、口角を引いて(スマイルの口で)吹くのが標準的かと思いますが、ジャズの場合はあまり関係ないみたいです。

指使いですが、当然ながら基本に忠実でどんなに速いフレーズを吹いても指がほとんど上がりません(後期のブレッカーは結構指が激しく上がってましたけどね)。よく指は卵を持つように軽く曲げるなどと言われますが、ポッターの場合はほとんどまっすぐ状態(特に右手)です。ちょっと特徴的なのは左手の手首で、けっこうクネクネ動かしてます(下のクリニックのソロ動画(これまたすごい演奏)などを見るとよくわかります)。たとえば、Dのサイドキーを押すときに、わざわざ人差し指の付け根のあたりで押すので手首をちょっとひねるような感じになります。単なる癖なんでしょうか、こっちの方が吹きやすいのでしょうか。

 

フレーズについては、前から思ってましたが、ストック・フレーズというかリックというかいわゆる手癖ぽいフレーズがほとんど出ません(これは、ブレッカーやグロスマンとは対照的)。メカニカルなんですがメカニカルな要素を感じさせないフレーズです。おそるべき練習量なんでしょうね。

ところで、ポッターはTEACのICレコーダーで自分たちの演奏を録音してました。後で聴き直して反省会するんでしょうか?ジャムセッションに来てるアマチュアみたいだと思いましたが、やはりプロでもこういうことはやるんですね。

今回行ってみてやはりたまにはトッププロの演奏も聴かないといけないな〜と思いました。自分の勉強のためという意味でも人生の楽しみという意味でも。

posted by kurikiyo at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月24日

4/22のオルガンジャムセッション無事終了です

恒例(偶数月第4日曜)のオルガンジャムセッション@沼袋OrganJazz俱楽部ですが、盛況のうちに終了しました。Org×5、G×4、fl×1、聴く人×3となかなかの盛況。金子雄太さんや宇多慶記さんにも遊びにきていただいて異常にレベルが高い演奏が展開されました。

120422numa

リスナーの方も大変感激していましたがまあ当然でしょう。ただ、最近の傾向としてドラムが全然来ません。ホストドラマーの加藤哲子さんが死んでしまうので是非ドラマーの方もお越しください。ものすごいペースで順番が回ってくると思います。自分は初めて金子さんと演奏してちょっと緊張しました。もうちょい高いレベルでの共演ができるように精進いたします。

ご参加の皆様どうもありがとうございました。次回は6/24の予定です。

posted by kurikiyo at 21:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月15日

今度の日曜日(4/22)はオルガン・ジャムセッションです

今度の日曜日(4/22)は定例の沼袋OrganJazz倶楽部におけるジャムセッションでホストやります。以前のエントリーで4/27なんて書いてしまいましたが間違いです(基本的には偶数月の第4日曜日です)。ホストは私とドラムの加藤哲子さん。ノンストップでできるだけゲストに弾いてもらえるように心がけております。

18時から22時半頃まで。チャージ1500円+ワンドリンク。

ださださフレーズを弾かないようにがんばります(笑)。ボーカルや聴くだけの人も是非どーぞ。

posted by kurikiyo at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月29日

オルガンジャムセッション無事終了です

2月26日の沼袋OrganJazz俱楽部でのジャムセッション無事終了です。Org×5、G×3、Ds×1とまずまずの盛り上がり。オルガニストが多いのは良いことですね。参加された皆様どうもありがとうございます。次回は4月27日(間違えました)4月22日です。

写真載せますが固定カメラのアングルが最悪ですw
organjazz.jpg

posted by kurikiyo at 14:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月21日

今度の日曜日(2/26)はジャムセッションです

今度の日曜日(12/25)は定例の沼袋OrganJazz倶楽部におけるジャムセッション

18時から22時半頃まで。チャージ1500円+ワンドリンク。

特に最近は腕利き揃いで参加楽器のバランスも良いことから、結構楽しく弾きまくれるのではないかと思います。ふるってご参加ください。

posted by kurikiyo at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月26日

ジャムセッション盛況でした

集客が心配されたクリスマスのジャムセッション(@沼袋OrganJazz倶楽部)ですが、Org×2、G×2、Dr×2、As×1、P×1となかなかの盛況でした。みなさん腕利きぞろいで楽しかったです。万一、客が来なかった時は自分が大量に酒飲んでお店に貢献しようと電車で行ったのですが(普段は車)その必要もなかったです。写真は撮り忘れ。

次回は2月の第4日曜日(26日)です。

posted by kurikiyo at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月18日

今度の日曜日(12/25)はジャムセッションです

今度の日曜日(12/25)は定例の沼袋OrganJazz倶楽部におけるジャムセッションのホストです。18時から22時半頃まで。チャージ1500円+ワンドリンク。年末、クリスマス当日、3連休の末尾と集客面での悪条件ぞろいです。来られた方は最初から最後まで弾きっぱなしできるかもしれません(笑)。もし誰もこなかったら、普段できてない難しい曲の練習タイムにしちゃおうかとも思います(苦笑)。

posted by kurikiyo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記